駒場四年間の重みを知れ。


by xxx_on_the_beach

<   2005年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

コスモポリタン

"SEX AND THE CITY"で一気に有名になったコスモポリタン。
渋谷の「門」で頼んだことがあり、その時は二度と忘れられないほどのおいしいコスモポリタンを飲むことができた。
その印象が強過ぎて、なんとかその味に近づきたいと工夫しているが、今まではなかなかうまくいかなかった。
しかし、今日は少し違った。レモンジュースを少なめにし酸味を抑えてみたのだ。

一般的なレシピは

30ml ウォッカ
10ml ホワイトキュラソー
10ml クランベリージュース
10ml レモンジュース

であるが、今回は

30ml ウォッカ(スミノフ)
10ml ホワイトキュラソー(コアントロー)
15ml クランベリージュース
5ml レモンジュース

としてみた。案の定口当たりがまろやかになり、クランベリージュースの優しい甘みがよく感じられるようになった。

門のコスモポリタンに一歩近づいた!次回はウォッカを少し減らしてみよう。
[PR]
by xxx_on_the_beach | 2005-05-19 05:32 | カクテル

ホワイトレディ

d0033305_3204778.jpg
my favouriteの一つ、ホワイトレディ。
これは飲む回数をこなしてきたからこそ、毎回の出来上がりに大きな差を感じる。

基本的なレシピは

30ml ジン
15ml コアントロー
15ml レモンジュース

だが、これだと少しだけ甘みが強過ぎる。
ジンを33ml、コアントローを12ml程度に抑えられればバランスが良くなる。
しかしジンが多くなり過ぎると薬味が強く出てしまうし、非常に絶妙なバランスを要求されるカクテルだ。
[PR]
by xxx_on_the_beach | 2005-05-13 03:25 | カクテル

カクテルと季節。

カクテルは基本的にキンキンに冷やして飲む。
だから暑い夜に飲むとおいしいし、寒い日にはイマイチ飲みたくない。こういう点に関してはビールと同じだろう。
そういえば今年の冬はカクテルを美味しく飲むため、わざわざ暖房を強く効かせて温風を浴びたりしてたなあ。
そしてまた夏がやってくる。カクテルの季節だ。キンキンに冷えたホワイトレディを何杯も飲んでしまいそう。
[PR]
by xxx_on_the_beach | 2005-05-13 03:18 | カクテル

カクテルと冷え。

カクテルは基本的にキンキンに冷やして飲む。
冷えが足りないカクテルはおいしくない。
そうすると、当然シェークやステアの技術が重要になってくる。
しっかりと冷えていて、なおかつ氷が溶け過ぎず水っぽくなっていない。
こうしたカクテルを作るためのバランス感覚は何度も何度も練習して掴むしかない。(材料を元から冷やしておくのも大事。)
慣れてくると冷えが指先で正確に感じ取れるようになってくる。こうなるとしめたもの。上級者への道のりを確実に踏み出しているってことだろう。
[PR]
by xxx_on_the_beach | 2005-05-13 03:14 | カクテル

Sea Breeze

d0033305_3175529.jpg
シーブリーズが大好きだ。うまく出来たときには、甘さと酸っぱさが絡み合ってとても気持ちいい口当たりになる。
一般的なレシピはウォッカとクランベリージュースとグレープフルーツジュースを1/3ずつだが、これだと少しウォッカの薬っぽい味が強く出過ぎる気がする。そこで俺が気に入っているレシピは↓
45ml ストリチナヤウォッカ
60ml クランベリージュース
60ml グレープフルーツジュース

これでとてもバランスの取れた味になる。
[PR]
by xxx_on_the_beach | 2005-05-08 03:21 | カクテル

glolish

d0033305_4304.jpg
ビールはグローリッシュが好き。
輸入ビールの多くは口当たりが柔らかくさっぱりしている。そういった点でバドワイザーやハイネケン、クアーズ等も好きである。
国産のビールはなんであんなにドライなんだろう?ドライが日本人の好みだというのは少し不思議だ。アサヒがスーパードライを売り出してからそういう流れになったらしい。はた迷惑な話だ。
[PR]
by xxx_on_the_beach | 2005-05-08 00:06